Books By Uncle Mackey_learn Hiragana With Trains Kizuna Bunko Japanese Edition_b073s6g9x7_com

Learn Hiragana with trains (Kizuna-Bunko) (Japanese Edition)

 カタカナ編に続き、幼稚園に通っている電車好きの息子のために作った学習参考書です。平仮名はだいたい覚えているのですが、大好きな電車の用語やイラストがたくさん出てきて、たいそう気に入っています。平仮名の勉強だけでなく、列車の基本的な用語から鉄道ファンにはたまらない少しマニアックな用語まで、わかりやすいイラストで説明しています。...

The educational picturebook of multiplication with dinosaurs (Kizuna-Bunko) (Japanese Edition)

 「息子(小1)が九九を覚えない。」家内が私にぼやきます。「自分や、お姉ちゃんは九九を覚えるのにここまで苦労しなかったのに、息子はどうして…。」これはうちの家内に限らず、多くのお母さんが思っていることではないでしょうか。元塾講師の経験上、男の子は耳と口を使って単純な暗記するのは女の子より苦手です。「男性よりも女性の方が言語によるコミュニーケーション能力が高い。」というのは多くの学者が唱えていることです。一方で、図形や空間の認識力は男性の方が高いといわれています。だから男の子には聴覚に頼った学習方法よりも、視覚に訴える教材を多用する方が効果的なのです。 以前作った、電車でひらがなやカタカナを覚える本で効果が見られた息子、最近は電車を卒業して恐竜にドハマリしています、恐竜絵本といえば私の得意演目ではないか!そういうことで作ったのがこの本です。効果はてきめんでした。 この本はステップ1からステップ4の、4つの段階に大きく分かれています。 ステップ1は最初のページに九九の式と答えの読み方、そして九九の学習によく使われる81マスのタイルを恐竜の絵に置き換えたもの、次のページには、ダジャレを使った語呂合わせで九九を覚える方法とそれに準じた1コマ漫画という構成です。九九を語呂合わせで覚える方法は、ダジャレにかなり無理がある場合が多く、あまり推奨されていませんが、子供たちの大好きな恐竜を使った漫画を添付することで、その効果を上げています。「ろくろっ首に首長竜が混じってんじゃん!」という感じで、息子には大うけでした。 ステップ2は最初のページに式と恐竜81マス、次のページに答えを載せています。最初は81マスの恐竜を数えながらでよいので、反復練習をします。 ステップ3は段ごとにシャッフルしてよりレベルを上げた演習。 ステップ4は段をこえて全部をシャッフルした演習。 ほぼすべてのページに恐竜の挿絵や漫画を配し、飽きずに勉強する工夫をしています。かけざん九九暗記の切り札!是非お試しください。...